テストメニュー

子供英語講師の求人募集 

こども英語に本気モードになってみませんか

こども英語指導の喜びは夢中になって取り組んでいる子どもの姿ではないでしょうか。なかなかクラスに馴染むのに時間を要した生徒が後に見事大変身した、家での課題をしっかりやってきた、目標とするレベルに到達したなど。。。 これらは教えているものだけが味わえる感動です。

 ● ● ●

子供英語教育を担う側には、生徒たちの前途未来を見据えて柔軟にカリキュラムを組み立てる必要があります。
その設計の良し悪しによって子供たちの能力は大きく違ってきます。それゆえに責任の重さが大いに伴います。

 ● ● ●

英語力がいくら高くても、指導者のクリエイティヴな発想がなければダイナミックな教育効果は生まれません。
もちろん教えるプロセスはスムーズに進行するわけではありません。むしろ厄介なことの方が多く待ち受けている かもしれません。

 ● ● ●

子ども英語教育に熱い視線を持った、知的でエネルギッシュなスタッフ陣が持ち前の向上心とパッションを 持って生徒たちと日々格闘しています。

 ● ● ●

私たちと共に本気モードで質の高い子供英語教育を目指してみませんか。 ご応募お待ちしています。

応募要項 | 日本人講師の役割

応募者のよくある質問

★教育内容に関して

開設のコンセプトは

日本の英語教育の問題点を是正すると共に、子供時代から多様な価値観を許容できる真の国際人の育成を目的としています。

どのような指導法ですか

創設以来、一貫してオリジナルストーリー教材(長文英語)による多種多様な英語のインプット《Imaginative English ShowerMethod》をはかりながら《SLN(サイレントリスニングナビゲーション》による英語脳のネットワーク構築をおこない、思考力と感性の両面からの知力育成に取り組んでいます。

10歳までは体験的習得によって外国語を優位に身につけられる、いわば自然な言語習得時期なのですが、日本語環境の中で成果あるものにしてゆくためには、確かな指導理論と適切な素材コンテンツそして適切な教育法が不可欠と考えています。

★参考ページ:ストーリー教材を活用した多聴と多読法 | SLN(サイレントリスニングナビゲーション)

授業スタイルとシステムは

英語国人講師とバイリンガル日本人講師によるリレーション授業です。 それぞれの役割分担を決め生徒の発達度合いを的確に判断しながらより効果的な指導を進めています。
また、家庭での英語環境を構築する為に、バイリンガル日本人講師がサポートしていきます。日本人講師は外国人講師のアシスタントではなく、リードしていくスタンスです。
長年の指導経験からNative E.Teacherのみの授業よりもこのリレーション方式の方がはるかに教育効果が高まることを実証してきました。

生徒や保護者とのコミュニケーションと求められる講師の指導力は

生徒の学習意欲は講師の人間性と指導スキルというフィルターを通して大きく変化します。
英語知識をどんなに高く持っていても、子どもの興味領域への理解力が乏しいと学ぶ側には伝わりません。 子供達と同じ目線に立ち、コミュニケーションが取れ、しかも、褒めるときはほめる、叱るときはしかるなど、 生徒ひとりひとりの成長を一緒に喜び合える方であれば歓迎です。

どのような年齢を指導するのですか

幼児(年中)から小学6年生までが担当です。コースはスタンダードとISG(インタナショナル幼稚園卒)に編成、それぞれ英語のキャリアに応じてクラス分けをしています。 小6年終了後は中学高校生一貫のインターeMaXへ進級します。能力、条件に応じて担当することも可能です。

★コース紹介:ピーターパン(幼児〜小学1年) | プラネット(小学2年〜4年生) グリーン(小学5年〜6年生)*習熟度別に編成。学年はめやすです。

他の指導法や教材に対する考え方について

WILL英語館の指導理論に合致した他の学習法と教材は積極的に取り入れています。実際、子ども英語教育にはさまざまな方法論と教材が存在します。メインプログラムの補助になり得るものか、あくまでサブ教材として活用かを見極め、選択しています。

子供の英語教材は大手出版社的なものからオリジナリティ溢れるものまで多数世に出ていますが、玉石混交の感は否めません。
教育は常に実験であるとの観点から、他教材プログラムに関しては、改革の意識をもって良い点のみ活用しています。

★雇用契約と採用条件に関して

待遇は

入社初年度の待遇に関しては、経験者の方は子供英語指導経験年数と指導実績値を勘案し、規定に基づき決定いたします。

昇給は

年間勤務後、当校規定の『年間貢献度項目』に基づき決定しています。詳細は入社時に資料をお渡しいたします。

英語能力について

「子どもに英語を教える=大人に教えるより英語力が必要ない」という曲解があるようです。しかし子ども英語を指導していく場合、多彩な引き出しを持って英語を駆使していくことになります。

当校では、外国人講師をリードしていくことが日本人講師の役割です。基本的には英検準1級以上、TOEIC840程度及び同程度の英語力のある方を採用の目安にしています。これらの資格をお持ちでない方は入社後に取得していただきます。
面接後、学力試験(英作文と発音ネイティブチェック)と子ども英語教育に関する質問事項に記述していただきます。所要時間は1.5時間程度です。) 採用試験と英語力について

どんな講師陣が働いているのですか

子ども英語の教育方法に深く関心があり、ライフワークとして取り組んでいるスタッフ陣です。 また数年以上の留学経験があり、こども英語教育に社会的意義を感じているなど問題意識があるスタッフ陣です。 こども好きでエネルギッシュなあなたのエントリーをお待ちしています。

スタッフの皆さんはどの地域から通勤されているのですか

現在では、世田谷区、府中市、浦安市、中央区、柏市、西東京市、文京区、江東区、中野区、船橋市などから通勤しています。交通機関は中央線、総武線、東西線、大江戸線、都営新宿線、日比谷線、京王線、有楽町線、半蔵門線など利用しています。

未経験者の研修に関して

OJTを通して300時間(約2ヶ月間)指導理論、授業展開の仕方、リスニング指導法、生徒の導き方、 ホームワークの出し方、保護者とのコミュニケーション法 などについて実施いたします。あくまで実践を通して場数を踏み。ノウハウを掴んでいきます。 このOJT期間の待遇に関しては研修手当として正規待遇の8割支給いたします。

採用条件

年間に渡って勤務可能な方が対象です。また春・夏・冬休みにはワンダースクールの季節講習を開講しています。この期間は生徒の学力の基礎徹底と深化を図るための重要な指導タームです。通常の勤務時間帯と異なりますが必須勤務となります。

応募要項 | 応募者の方へ

WILL英語館のトップ

東京都江東区深川2-9-5 AKビル2F  03(3642)3612 
午後2時〜8時(火曜〜土曜日、祝日除く)東京メトロ東西線 都営大江戸線 門前仲町駅6番出口5分

(C)COPYRIGHT2004-20019 PAIDIA INTERNATIONAL ALL RIGHTS RESERVED